BMW7シリーズの値引き額は?BMW営業マンがBMW7シリーズの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW7シリーズの値引き額をお伝えしていきたいと思います。BMW7シリーズはフラッグシップモデルとして、完璧な作り、装備、デザインを誇っているモデル。

CFRPという炭素繊維強化プラスチックを使った超軽量プラットフォームやプラグインハイブリッドなど、すべてが最上級。このBMW7シリーズはグレードも数多く用意されていて、ガソリン車、ディーゼル車、プラグインハイブリッドと選択肢も多いのが特徴的です。

搭載されるエンジンは3000CCターボ、4400CCターボ、3000CCディーゼルターボ、そしてプラグインハイブリッドとなっています。

どれも高機能で動力性能は抜群に高いエンジンばかりですね。とにかくBMWのフラッグシップモデルとしてすべてが搭載されている印象を受けるBMW7シリーズとなっています。
「BMW7シリーズの値引き額は?BMW営業マンがBMW7シリーズの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW6シリーズカブリオレの値引き額は?BMW営業マンがBMW6シリーズカブリオレの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW6シリーズカブリオレの値引き額をお伝えしていきたいと思います。2011年4月から日本で発売をされているBMW6シリーズカブリオレ。

言わずと知れたBMWクーペのフラッグシップモデルとなっています。このデザイン性の高さに魅了されている方も多いのではないでしょうか?私もその一人です^^

BMW6シリーズカブリオレはフルオートマチックソフトトップを採用していますので、ボタン一つで屋根の開閉が可能となっています。

安全装備などを向上させたマイナーチェンジを2015年に行っていて、より安全性を高めています。BMW6シリーズカブリオレのサイズとしては、全長4895mm×全幅1895mm×全高1365mmとなっていて、大人4名がしっかりと、そしてゆったりと乗れるスペースを確保していますね。

搭載されるエンジンは3Lのターボエンジン、上級グレードには4400CCのツインターボエンジンとこちらもまた魅力的。

ハドルシフト8速ATとの組み合わせですので、よりスポーティーな走行も可能となっています。

「BMW6シリーズカブリオレの値引き額は?BMW営業マンがBMW6シリーズカブリオレの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW6シリーズグランクーペの値引き額は?BMW営業マンがBMW6シリーズグランクーペの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW6シリーズグランクーペの値引き額をお伝えしていきたいと思います。BMW6 シリーズグランクーペは「ラグジュアリーの進化」とうコンセプトで作られている車になります。

BMW初のラグジュアリークーペの4ドアモデルですね。日本ではどうしてもクーペ自体の需要が少なくなっていますが、海外ではまだまだクーペの人気はすごいものがあります。

このBMW6シリーズグランクーペもそんなクーペ人気の中でも強い支持をされているモデルとなっています。

人気の理由は圧倒的な動力性能、質感、デザインすべてがパーフェクト!と言っても過言ではないから。BMW6シリーズグランクーペのボディサイズとしては、全長5010mm×全幅1895mm×全高1390mmとなっており、充分過ぎる迫力も出していますね。

世界中でも一番美しいクーペ!と絶賛されるほどの魅力を兼ね備えたBMW6シリーズクーペですので、一度は乗ってみたいものだと思います。

「BMW6シリーズグランクーペの値引き額は?BMW営業マンがBMW6シリーズグランクーペの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW6シリーズクーペの値引き額は?BMW営業マンがBMW6シリーズクーペの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW6シリーズクーペの値引き額をお伝えしていきたいと思います。BMWの中でも一番大型なクーペがBMW6シリーズクーペとなっています。

2011年に現行モデルとして発売をされましたが、フロントマスクにはアダプティブLEDヘッドランプを採用して、かなり静観な顔立ちになりました。

BMW640i、650iといったスタンダードモデルでは、キドニーグリル、クロームインサートを施したフロントエプロンとリアスカートも採用されていますね。

もちろん安全装備に関してもアクティブ・クルーズコントロールなどドライビングアシストプラスも搭載されました。

どこを取っても文句の付けようのない外観や内装、これが新型BMW6シリーズクーペの最大の魅力だと思います。

「BMW6シリーズクーペの値引き額は?BMW営業マンがBMW6シリーズクーペの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW5シリーズグランツーリスモの値引き額は?BMW営業マンがBMW5シリーズグランツーリスモの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW5シリーズグランツーリスモの値引き額をお伝えしていきたいと思います。BME5シリーズグランツーリスモは新車価格776万円~という高級モデルとなっています。

この5シリーズグランツーリスモは、セダン&SUV&ツーリングの3つの機能を併せ持った新しいタイプの車。スタイリッシュに仕上がっていて、長距離ドライブも楽々こなしてしまう!という優れた車になっていますね。

BMW5シリーズグランツーリスモはBMW5シリーズの中でも一番サイズが大きく、全長5005mm×全幅1900mm×全高1565mmと全長が5mを超えているのでレクサスLSなどを同じぐらいのサイズ感になりますね。BMW初となるツインテールゲートを採用していて、これがとても特徴的です。

内装に関しても長距離運転を考えた作りになっていて、リラックス空間を与えてくれるインテリアになっています。

もちろん素材なども高級志向となっていますので、どこまでも疲れを知らずに走っていく事が出来る一台ですね。

「BMW5シリーズグランツーリスモの値引き額は?BMW営業マンがBMW5シリーズグランツーリスモの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW5シリーズツーリングの値引き額は?BMW営業マンがBMW5シリーズツーリングの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW5シリーズツーリングの値引き額をお伝えしていきたいと思います。BMW5シリーズツーリングと言えば、ベンツEクラスワゴンの最大のライバル!と言っても過言ではないぐらい人気モデルですよね。

どちらかと言うとBMW5シリーズツーリングはスポーティーで、豪華!という印象があり、私個人的にはとても好きな車の一つです。

欧州だけではなく世界中で高い評価を受けているのが新型BMW5シリーズツーリングで、安定した販売台数を残しているベストセラーですね!

BMW5シリーズツーリングのサイズは、全長4920mm×全幅1820mm×全高1480mmと歴代の中では一番大柄になりました。その為、今まで以上に広い室内空間やラゲッジスペースを確保する事が出来ています。

内装に関しても、すべてのシートで心地よさを体感する事ができる!と評判で、高品質さが座るだけで伝わってきます。

このBMW5シリーズツーリングは日々の街乗りから、遠出、いろいろな場面で活躍する素晴らしい車なのは間違いありませんね。

「BMW5シリーズツーリングの値引き額は?BMW営業マンがBMW5シリーズツーリングの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW5シリーズの値引き額は?BMW営業マンがBMW5シリーズの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW5シリーズの値引き額をお伝えしていきたいと思います。新型BMW5シリーズと言えば、長い歴史を持つモデル。現行型は6代目になりますね!

新型BMW5シリーズセダンでは8速ATを採用していますので、今まで以上いスムーズな走り心地を体感する事が出来ます。

またボディサイズも一回り大きくなり、ライバルが多いEセグメント市場の中でも大きい部類に入るようになりました。

このクラスは輸入車、国産車問わず激戦区ですからね!BMW5シリーズだけではありませんが、BMWと言えばその優れたエンジンに定評があります。

このBMW5 シリーズでもそうですが、内装に関してはとてもシンプルに仕上げられている!と言う印象を受けました。

もちろん最先端装備もたくさん採用されていて、進化したiDriveナビやアダプティブLEDヘッドライト、レーンチェンジ・ウォーニングなど魅力的な装備も満載の新型BMW5シリーズとなっています。

「BMW5シリーズの値引き額は?BMW営業マンがBMW5シリーズの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW4シリーズカブリオレの値引き額は?BMW営業マンがBMW4シリーズカブリオレの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW4シリーズカブリオレの値引き額をお伝えしていきたいと思います。BMW4シリーズカブリオレはリトラクタブルハードトップを採用した4シーターオープンカーとなります。

2014年に登場した新型BMW4シリーズカブリオレですが、とにかく車全体のバランスが抜群!車両重量が50:50というバランスで作られているのです。

この重量配分で走行性能も非常に優れたものとなるのです。またBMW4 シリーズカブリオレでは、全長4640mm×全幅1825mm×全高1385mmとボディサイズも調度良い感じ。

ロングノーズの見た目で迫力もあり、しかもキャビンが後方についている為、室内の空間もしっかりと確保されているのです。

こんなBMW4シリーズカブリオレは、オープンカーファンなら一度は乗ってみたい!と思えるほど素晴らしい車です。

やはりBMWのデザイン、動力性能は抜群だな~と思える一台ですね。

「BMW4シリーズカブリオレの値引き額は?BMW営業マンがBMW4シリーズカブリオレの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW4シリーズグランクーペの値引き額は?BMW営業マンがBMW4シリーズグランクーペの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW4シリーズグランクーペの値引き額をお伝えしていきたいと思います。BMW4シリーズグランクーペはプレミアムミドルクラスのクーペとなっていて、一番素晴らしいのが重量配分が50:50という非常に安定性が高い!という事。

走行性能は当然ながら、BMW4シリーズグランクーペ専用の強化対策をしっかりと行っていますので、レスポンスなども格段に向上しています。

インテリジェント4WDシステム「xDrive」を搭載した420iグランクーペ xDriveも設定されていますので、こういった部分でもBMW4シリーズグランクーペはプレミアムなモデルと言っても良いでしょう。

またボディサイズは全長4640mm×全幅1825mm×全高1395mmと充分過ぎる室内空間を確保しています。特にヘッドクリアランスも良くなっていますので、余計に室内空間の広さを堪能する事も出来るでしょう。

あとは言うまでもありませんが、美しい外観、内装がBMW4シリーズグランクーペにはあります。

特にリヤシートのデザインはこだわっていて、良い雰囲気を出しているのもBMW4シリーズグランクーペの大きな特徴と言えるでしょう。

「BMW4シリーズグランクーペの値引き額は?BMW営業マンがBMW4シリーズグランクーペの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…

BMW4シリーズクーペの値引き額は?BMW営業マンがBMW4シリーズクーペの限界値引きを完全暴露!

ココではBMW4シリーズクーペの値引き額をお伝えしていきたいと思います。2013年9月から発売を開始されたBMW4シリーズクーペ。

BMW3シリーズと明確に違いを出したい!という思いから作られたモデルと言われています。BMW4シリーズクーペはとにかく「美しいワイドで低いフォルム」が最大のセールスポイント。

全長4640mm×全幅1825mm×全高1375mmというサイズで3シリーズよりは明らかに大きいサイズとなっていて、どこから見ても美しいスタイリングが高い人気を集めています。

日本ではクーペ自体、ほとんど存在しない中でBMW4シリーズクーペは堅調に販売台数を伸ばしています。

それぐらいクーペファンはこのBMW4シリーズクーペを好んで乗っているのがわかりますね。リヤシートもホールド感が高く設計をされていて、6:4の分割式。

クーペと言ってもしっかりと使い勝手も良くなっているところがBMW4シリーズの素晴らしい部分と言えるのではないでしょうか?

「BMW4シリーズクーペの値引き額は?BMW営業マンがBMW4シリーズクーペの限界値引きを完全暴露!」の続きを読む…